日本社会において絶対に知っておくべきビジネスマナー3選

2020/10/09

仕事をする上で信頼関係はとても重要である。

なぜならビジネスの現場において、世代やバックグラウンドが異なる上司や同僚、クライアントと一緒に仕事を共にするからです。

その信頼関係を築いていく上で必要となってくるのが日本の社会における、ビジネスマナーである。

今回はその絶対に知っておくべきビジネスマナー3選について紹介します。

身だしなみを整える

ビジネスシーンにおいての最低限のマナーの1つとされています。

身だしなみとは相手に不快感を与えないことであるため、まず一番に清潔感があることが大切です。服装は汚れやシワ、臭いに注意し、崩した着かたはせずにきちんとした着こなしをしましょう。

身だしなみを整えると次のようなメリットが挙げられます。

  • 第一印象で好感を持ってもらえる
  • 自分の気持ちの切り替えになる

他にも様々なメリットがありますが、特に人の第一印象の80%は見た目で決まると言われています。

ビジネスシーンでは、全く面識のない人と接する機会が大変多いため、身だしなみを整え第一印象で悪い印象を与えないようにすることは、その後の仕事に大きく関わってくる大事なことです。

時間を厳守する

社会人では当たり前の常識とされていますよね。

時間にルーズである事のデメリットを挙げると、

  • 自分の評価が下がる
  • ビジネスチャンスを逃す

などです。

時間にルーズだと相手から良い印象を持たれず、ビジネスチャンスを逃すなど、様々な面で支障を来たします。それによって自分の評価も下がりかねません。

学生の頃からも「遅刻厳禁・時間厳守・5分前行動」という教育が当たり前とされてきたように、日本の会社においてもその教訓を基準として動いているので時間には厳しく行動しましょう。

コミュニケーションを怠らない

こちらもビジネスマナーの基本となります。

仕事を円滑に進めるためにはコミュニケーションが必要不可欠です。

特に、報告・連絡・相談が重要となります。

何か問題が起こったり、わからないことがあれば、積極的に報告・連絡・相談を心がけましょう。

最後に

今回は、日本の会社で働くうえで知っておくべきビジネスマナーについて紹介しました。

ビジネスマナーは言ってしまえば無限にありますが、今回挙げた、

  • 身だしなみを整える
  • 時間を厳守する
  • コミュニケーションを怠らない

この3つを抑えておけば、最低限は会社の上司や同僚たちとうまく信頼関係を築くことができ、会社側からは安心して仕事を委ねてもらえるはずです。

自分に自信をもって頑張りましょう!

求人情報

2023-12-08 10:44:48

水道管の取付工具のメンテナンス作業

時給1,300円

2023-12-08 10:44:13

倉庫内にてピッキング作業

時給1,200円

2023-12-08 10:47:59

セメント二次製品の製造工程及び仕上げ作業

時給1,500円